究極の醤油豚骨 横浜家系ラーメン-ひろしまラーメンスタジアム2019

はじまり、はじまり。

 ひろしまラーメンスタジアム2019に行ってきました。
 今年はイオンモール広島祇園店で開催です。

 行って驚いたのは、人が多い多い。
 去年の旧市民球場跡地開催も大勢集まっていましたが、今年は去年の3倍は集まっていました。

 そのため、ラーメン券を買うために45分待ち。さらに、ラーメンを買うために30分待ち。
という、普段なら絶対並ばない行列に並びました。

 まぁ、お祭り騒ぎで並んでいるだけでも楽しく、待ち時間はすぐに経ちましたけどね。

 で、肝心のラーメンですがまずラーメン券を2枚買いました。3枚にするか、2枚にするか並んでいる間に散々悩みましたが、3杯は食べすぎかなと自制することにしました。
 そして、この判断が正しかったこととなります。

 1杯目は、神奈川から出店してくれた「麺場 新 ARATA」の「究極の醤油豚骨横浜家系ラーメン」です。

 家系といわれると私は豚骨のイメージしかありませんでした。豚骨ラーメンは私にはちょっと甘い(刺激が足りない)イメージです。それが、醤油豚骨といわれると食欲がそそられます。

 注文は、ラーメンにトッピング「全部乗せ(チャーシュー3枚,煮卵1個,九条ネギ,鴨肉6枚)¥500-」です。

 チャーシューはチラシのチャーシューを3枚におろしたような食べやすい(食べたりない)チャーシューです。
 煮卵はチラシほど味がしみ込んでいない感じでした。
 まあ、それらはおまけみたいなもんです。
 
 すべては、スープですよスープ。
 ん~。醤油豚骨というより醤油ラーメンって感じでした。
 これに、鴨肉の脂が溶けて中々美味しいスープになってました。
 
 全体としては、残念です。
 醤油豚骨というキーワードに夢を見過ぎてしまったようです。

 2杯目もあるのですが、眠くなったので明日また書きます。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です